【業界トップクラスの品揃え】関東エリアでヤシの木の購入なら株式会社中島造園へ|東京・千葉・神奈川・埼玉

【業界トップクラスの品揃え】関東エリアでヤシの木の購入なら株式会社中島造園へ|東京・千葉・神奈川・埼玉

新着情報news

リゾート風からドライガーデンまで!
南国風庭を低メンテナンスで楽しむための方法
2024.03.07

1.はじめに

南国風の庭は、その鮮やかな色彩と独特の雰囲気で、日常から一歩離れた特別な空間を演出します。

本記事では、南国リゾートスタイル、ドライガーデン、ハワイアン、アジアンテイストといった南国風の庭の種類から、それぞれに合う植物、おすすめのアイテムまでを紹介します。

こうした南国風庭の設計を請け負っている企業に「中島造園」があります。

中島造園は、館山に事務所と店舗を構え、おもに東京・神奈川・千葉・埼玉エリアで依頼対応をしている造園会社です。

南国風の観葉植物の取り揃えが豊富で、特にヤシの木に関しては5000本以上のストックを誇ります。

その豊富な知識と経験を活かし、お客様一人ひとりの理想とする庭を形にしています。

自宅をまるで「楽園」に変える南国風の庭造りは、忙しい日常からの逃避先として、または家族や友人と過ごす特別な場所として、近年ますます人気を集めています。

本記事を参考に、心地よいプライベート空間の創造を目指し、自宅のアウトドアスペースを最大限に使ってみましょう。

2.南国風の庭の種類

南国風の庭は、自宅のアウトドアスペースに楽園のような雰囲気をもたらします。

南国風庭にはおもに、以下四種類のスタイルが存在します。

  • 南国リゾートスタイル

    開放的なリゾート地の感覚を再現し、大きな葉を持つ植物やヤシの木を用いて、日差しと暖かい気候の中でのんびりと過ごせる空間を作り出します。

  • ドライガーデン

    水をほとんど必要としない耐乾性の高い植物を中心に構成し、乾燥した環境でも緑豊かな庭を実現します。

  • ハワイアンスタイル

    ハワイ固有の熱帯植物を取り入れることで、自宅の庭をハワイのビーチサイドや自然に変えます。

  • アジアンテイスト

    アジア各地の熱帯植物を使い、エキゾチックで神秘的な雰囲気を庭に演出します。

それぞれ独特な植物選びとデザインにより、日常からの逃避がイメージされ、リラックスできるプライベートのオアシスとなるような空間を提供します。

スタイルを変えることで、庭はより魅力的な空間に変わり、家族や友人との時間も特別なものとなるでしょう。

さらに以下からは、それぞれの庭がどのような特徴を持っているのかについて詳しく解説します。

2-1.南国リゾートスタイル

南国リゾートスタイルの庭は、自宅を「常夏のリゾート地」のような雰囲気に変えることを目的としています。

当スタイルは、ヤシの木やバナナの木、プルメリアなどの熱帯植物を用いることで、明るい色彩の花々と共に、まるでリゾートにいるかのような感覚を演出します。特にヤシの木はメンテナンスが簡単なことが特徴です。

さらに、小さな池や流れる水の装飾を加えることで、涼しげでリラックスできる空間を演出できます。

また天然素材を使用した家具や装飾品を配することで、開放感あふれるデザインとなり、訪れる人を癒しの世界へと誘います。

このスタイルは、自宅の庭や中庭、屋上庭園だけでなく、スパやホテル、リラクゼーション施設などの商業空間にも適しており、日常から離れたリゾート気分を味わうことができます。

南国リゾートスタイルの庭は、リラクゼーションや癒しを求めるすべての場所に最適であり、日々のストレスから解放されるような穏やかな雰囲気を作り出します。

ほか、南国リゾートスタイルの庭が適した場所は以下の通りです。

  • 適している場所
    南国リゾートスタイルの庭は、プライベートな居住空間から商業施設まで、幅広い場所に適しています南国リゾートスタイルの庭は、プライベートな居住空間から商業施設まで、幅広い場所に適しています。
  • 自宅の庭や中庭、屋上庭園でこのスタイルを採用することで、日常から離れたリゾート気分を味わえます。
  • また商業施設では上記の通り、スパやホテル、リラクゼーション施設などの商業空間でも同種の庭が見られることがあり、訪れる客に特別な体験を提供します。
  • 南国リゾートスタイルの庭は、日々のストレスから解放されるような穏やかな雰囲気を作り出すため、「リラクゼーション」や「癒し」を求めるすべての場所に最適です。

2-2.ドライガーデン

ドライガーデンは、水をほとんど必要としない植物を使用して、乾燥した気候でも繁栄する庭を設計することに焦点を当てています。
こうした方針の主な理由は、水資源の節約と維持管理の労力を最小限に抑えることにあります。

例えば、サボテンや多肉植物などの耐乾性の高い植物は、メンテナンスの手間が少なく、水の少ない環境でも美しく成長し、ドライガーデンに理想的です。
こうした植物は、色とりどりの花を咲かせることがあり、見た目も魅力的です。

また、石や砂利を使ったデザインもメンテナンスが少なく済み、さらに自然の美しさを引き立てます。
ドライガーデンは、水不足に悩む地域や、庭の手入れに多くの時間を割けない人にとって最適な選択肢です。
このように、ドライガーデンは、持続可能性と低メンテナンスの要求に応える美しい庭園空間を提供します。

また、ドライガーデンの庭が適した場所は以下の通りです。

  • 適している場所
    ドライガーデンは、自然と乾燥している地域や水資源に制限がある場所に特に適しています。
  • 日当たりが良く、水はけの良い場所であれば、屋外の庭はもちろん、屋上庭園やテラス、バルコニーなど限られたスペースでも設置可能です。
  • また、メンテナンスを最小限に抑えたい公共施設やオフィスビルの緑化スペース、住宅の前庭や中庭などにも適しています。
  • ドライガーデンは、限られた水資源を有効活用しながら、環境に優しい持続可能なガーデニングを実現する選択肢として注目です。

2-3.ハワイアン

ハワイアンスタイルの庭は、その名の通り「ハワイの自然」の美しさを自宅の外空間に取り入れることを目指します。
このスタイルは、日常生活に「トロピカル」や「脱出感」を与えてくれます。
ハワイ固有の植物であるプルメリアやハイビスカスをはじめ、パームツリーを配し、これらを用いて鮮やかな色彩と緑豊かな空間を創出します。
例えばハワイアンスタイルの庭に小さな滝や池を設けると、リラックスできる水の音を背景に、まるでハワイのビーチにいるかのような雰囲気を演出することができます。

さらに、ラナイ(屋外リビングスペース)を設け、アウトドア家具や装飾品を配置することで、開放感あふれるリゾートライフを実現します。
ハワイアンスタイルの庭は、自宅で過ごす時間を特別なものに変え、日々のストレスからの逃避とリラクゼーションの場を提供します。
このように、ハワイアンスタイルの庭は、トロピカルな美しさとリラックスできる空間を求めるすべての人に最適です。

また、ハワイアンの庭が適した場所は以下の通りです。

  • 適している場所
    ハワイアンの庭は、温暖な気候や温室など、熱帯植物が成長しやすい環境に最適です。
  • 日当たりが良く、排水の良い土壌を持つ庭が理想的であり、屋外リビングスペースやパティオ、プールサイドなどのレジャーエリアの周囲に設計することで、まるでハワイにいるかのような休息と癒しの空間を創出することができます。
  • また、都市部や住宅地でも、適切な植物選びと配置によって、ハワイアンスタイルの庭を実現することは可能です。

2-4.アジアンテイスト

アジアンテイストの庭は、「東洋の美と静寂」を自宅の外空間に取り入れることを目的としています。
このスタイルでは、心の平和とバランスを重視し、自然との調和を促します。

バランスや調和が前面に押し出される理由は、アジアの庭園は伝統的に瞑想やリラクゼーションの場として設計されているためです。

こうした要素を自宅に取り入れることで、日々の喧騒から離れた静かな避難所を提供できるのです。
例えば、日本の禅庭園では、石、水、緑の植物を用いてシンプルでありながら深い美しさを表現しています。

他にもバリ島の庭園では、彫刻や石のランタンを配し、トロピカルな植物と組み合わせることで、独特のリラックス空間やエキゾチックな魅力を創出します。

こうした例から、アジアンテイストの庭は、自宅で静けさと美を楽しむための理想的な選択肢といえます。

また、アジアンテイストの庭が適した場所は以下の通りです。

  • 適している場所
    アジアンテイストの庭は、都市のオアシスやプライベートなリトリートに最適です。
  • 庭が小さくても適切にデザインされていれば、都市部の小さなバルコニーやテラス、中庭をアジアンリゾートに変えることができます。
  • また、アジアンテイストは、スパやヨガスタジオのようなリラクゼーションを目的とした商業空間にも適しています。
  • 静けさと自然への近さを求める場所であれば、住宅の庭だけでなく、公共の緑地や瞑想スペースにもアジアンテイストの要素を取り入れることができます。

3.南国風の庭に合う植物

以下からは、各南国風のスタイルそれぞれに合う植物について解説します。

各スタイルに合わせた植物選びにより、理想の南国風の庭に近づけ、庭にどのような価値を与えるかを決めることが可能です。

3-1.南国リゾートスタイル

ヤシの木、プルメリア、ハイビスカスを中心に構成されます。

ヤシの木は、その高い樹形で空に向かって生えるため、南国リゾートの象徴となります。
プルメリアは、その素敵な香りを持つ美しい花でリゾート感を演出し、ハイビスカスは鮮やかな色彩の花でトロピカルな雰囲気を庭に加えます。

特にヤシの木はメンテナンスの手間がほとんど必要ではないため、おすすめです。
これらの植物は、庭を訪れる人々にリラックスした時間を提供し、日常からの逃避を可能にします。

3-2.ドライガーデン

ドライガーデンでは、サボテン、多肉植物、ラベンダーが主役です。
サボテンは乾燥に強く、ほとんど手間を要しないため、忙しい人々にとって理想的な選択肢です。

多肉植物は、その多様な形状や色で庭にユニークなアクセントを加えます。ラベンダーは耐乾性に優れ、その香りが心地よい空間を作り出します。
これらの植物は、水をあまり必要としないため、環境に優しく、メンテナンスの手間を省くことができます。

3-3.ハワイアンスタイル

ハワイアンスタイルの庭には、バードオブパラダイス、パイナップル、ティープラントが適しています。
バードオブパラダイスは、華やかな花で「ハワイ感」を醸し出し、パイナップルは果物の栽培を可能にしながら南国感を演出します。

ティープラントは、ハワイアンの伝統的な植物であり、このスタイルの庭に深みを加えます。
こうした植物は、庭をトロピカルな楽園に変え、訪れる人々にユニークな体験を提供します。

3-4.アジアンテイスト

アジアンテイストの庭では、竹、モミジ、蓮が中心となります。
竹は、すっきりとした姿でアジアな雰囲気を高め、モミジは日本庭園を思わせる美しい紅葉で静寂と美を提供します。

蓮は、水辺の風情を楽しめる植物であり、庭に穏やかな雰囲気をもたらします。
こうした植物は、「アジアの伝統美」を庭に取り入れ、訪れる人々に心の平和をもたらします。

4.南国風の庭に合うおすすめアイテム

以下からは、四種類の南国風の庭それぞれに合う「おすすめアイテム」について解説します。
「各スタイルごとに必要なアイテムとはなにか」、また「各アイテムがどのように庭のスタイルを補完し、庭にどのような価値を加えるのか」について知りたい場合に、参考にしてください。

4-1.南国リゾートスタイル

ラタン製家具、パラソル、屋外用ラグが最適です。
ラタン製家具は、その耐久性と自然な見た目で屋外でも使用可能であり、リゾート感を演出します。

パラソルは、強い日差しから守りながらリゾート感を高め、屋外用ラグは庭にリラックススペースを作り出します。
こうしたアイテムは、庭を訪れる人々に快適な休息を提供し「日常からの逃避」を可能にします。

4-2.ドライガーデン

ドライガーデンには、石や砂利、ガーデンスカルプチャー、ソーラーライトが適しています。
石や砂利は水はけを良くし、乾燥環境を作り出します。

ガーデンスカルプチャーはアート感を加え、視覚的魅力を高め、ソーラーライトは夜間でも庭を美しく照らします。
これらのアイテムは、メンテナンスの手間を省きつつ、庭に独特の美しさをもたらします。

4-3.ハワイアンスタイル

ハワイアンスタイルの庭には、トーチライト、ポリネシアン装飾、ハンモックが最適です。
トーチライトはハワイアンナイトを演出し、ポリネシアン装飾は独特の文化を反映したアイテムで、ハンモックはリラックススペースに最適です。

こうしたアイテムは、庭をトロピカルな楽園に変え、訪れる人々にユニークな体験を提供します。

4-4.アジアンテイスト

アジアンテイストの庭では、石の灯籠、バリ風彫刻、アジアンパラソルが中心となります。
石の灯籠は和風の庭に静寂と落ち着きをもたらし、バリ風彫刻はエキゾチックな装飾が特徴で、アジアンパラソルは独特のデザインがアクセントになります。

これらのアイテムは、アジアの伝統美を庭に取り入れ、訪れる人々に心の平和をもたらします。

5.おわりに:南国風庭に最適なアイテムを中島造園で!

本記事では、南国風庭の特徴や、南国風庭の各スタイルを実現するための植物やアイテムについて解説しました。

庭に最適な植物やアイテムがあらかじめわかっていれば、意外と簡単に各テイストの庭を設計することが可能です。

中島造園は、南国風の庭に適切なサービスを提供しています。
中島造園では、5000本以上のヤシの木を備えています。
その豊富な取り揃えの中から、ニーズに合わせた幅広い提案が可能です。
特にヤシの木はメンテナンスフリーな植物であるため、手間をかけずに南国風の庭を楽しむことができます。

さらに中島造園では、南国風に欠かせない「芝の手入れサービス」も提供しています。

「植物のメンテナンスフリー」を目指し、冬場や一部枯れてしまった時の剪定のみで済むようなサービスを心がけています。
南国風庭を維持する上では、肥料を頻繁にまかなくても育つヤシを使い、必要に応じて年4~5回のメンテナンスを行うことで、常に美しい状態を保つことが可能です。

中島造園には植栽からメンテナンスまで一貫して依頼できるため、手間いらずで理想の南国風の庭を実現できます。 もし南国風庭の設計に困ったことがあれば、中島造園に相談してみてください。